行田のまちを歩いてみると

昨日今日といい天気だったので、まちなかを散歩しました。

 

おなかの大きい妻と一緒だったせいか、道行く人によくあいさつをしてもらいました。

妻 「知ってる人?」

仁平「知らない人だけど、おなか見て応援も兼ねてあいさつしてくれるんじゃない?」

どうやら妻は知らない人にあいさつをされることが少し不思議だったらしく、そのあいさつに答えるぼくのことも不思議だったようです。

 

登山のときすれ違うひととあいさつを交わすのはマナーとされていますが、あれはなんでするんでしょうね?ちょっと考えれば分かることかもしれませんが、まちなかでもそれって同じ理由であいさつしあっても良さそうですよね。うん。

 

 

さてさて皆さま、まちを歩いてますか?

都内と違って車社会の行田で、意外とまちを歩いていない方多いんじゃないでしょうか。歩いてみると新しい発見や細かい変化に気づいておもしろいんですよね。歴史があるまちだと特にそうなんじゃないかと思います。

自分が思う楽しくまちを歩くときのポイントは、知らない道を探索すること。子どもの頃はよくやってた気がしますが、大人になってからやった方がおもしろいです。

少し前ですが、

 

行田にはこんな冊子もありました。

 

元城下町で入り組んでるからですかね?迷うとたのしいまちなんです。

 

ということで、

いきなり!仁平の行田の好きな場所ギャラリー★

のコーナーです。

 

 

 

はい、3年前に例会をやった場所ですね。

なつかしい。

このときもこれを企画するためにまちなかを歩き回りました。

 

ちなみに今日、商工センター内1階にあるぷらっとぎょうだが営業最終日だったようで、記念に写真を撮らせてもらいました。

↑取り壊しになるから落書き。いろんな思い出がありそう。

みなさんもぜひ行田のまちを歩いてみてください!

Total Page Visits: 47 - Today Page Visits: 1