今年度の振り返り⑩「8月第1例会」+「8月臨時総会」

青年会議所の例会は、およそ3~5か月前から事業構築が始まり、スタッフ会議、理事会(協議案・審議案)を経て、1か月前の理事会で審議可決されることが最も多いケースです。それを考えると、今年度のコロナウイルスに伴う緊急事態宣言、また蔓延防止等重点措置法は我々の団体に対して非常に厄介な存在でした。

そんな中、結果から言えば、8月第1例会は、今年度最初で最後の「中止」を判断する事業となりました。青少年育成委員会の設営で行われる予定だった8月例会は子ども対象にブラインドサッカーを行うという内容でした。

仲間を励ますことの大切さに気付き「失敗を恐れない子ども」になってもらいたいという狙いの事業でした。

非常に残念ではありましたが、中止という判断をさせていただきました。企画段階で相談させてもらった関係者の皆様、大変お世話になりました。一番残念な思いをさせてしまった神田委員長には、次の11月例会にすべてをかけると約束してもらいました。

 

そしてもう一つ、東京オリンピック2020が閉会してすぐ、コロナの感染拡大が今年1番広がっていた頃ではありましたが、「8月臨時総会」が行われました。

今年度の第一次補正予算の上程と、次年度の役員選任が行われる、とても大切な場所です。社会情勢を鑑みて、会場とZOOMを使ったオンラインでのハイブリッド開催となりました。次年度の役員選任や理事選任にはメンバーからの投票が必要になるのですが、こちらもオンラインでメールやLINEなどを駆使して、行うことができました。

難しい準備だったと思いますが、対応していただいた元氣な組織開発委員会の皆さん、ありがとうございました。

余談ですが、急遽「役員選任方法(案)承認の件」という議案を総会前の理事会で審議してもらい、「インターネット等の手段を用いて行うことができる」という投票方法を役員選任規定に追記させてもらいました。議案作成に携わっていただいた小林直前ありがとうございました。

また、立会していただいた松岡先輩、鈴木淳一先輩ありがとうございました。

Total Page Visits: 318 - Today Page Visits: 1