さよならブロック2021

先日、埼玉ブロック協議会のさよならブロック協議会という事業に参加してきました。

さよならブロックは今年度埼玉ブロック協議会で行った事業を総括するもので、石川ブロック会長のあいさつから各委員会の年間報告の発表などを行う場所、それと同時に40歳を迎える埼玉県内のJCメンバーを送り出す卒業式も兼ねた盛りだくさんの内容の事業です。

今年度コロナ禍の活動への葛藤と今年度だから学べたことなど、様々な想いが伝わる挨拶でした。

 

そして!

行田からは木口君がLOM支援の副委員長として、年間の報告をしてくれました!

ホームページの管理やSNSを使った広報を担当したことを中心に発表してくれました。インフルエンサーとパートナーシップを結んでの情報発信など、新しい試みで今年度の成果が分かる内容でした。1年間大変だったと思いますが、この経験を今後の活動に活かしてもらいたいと思います。

 

そしてそして、卒業式も兼ねて。ということで、毎年行われるのが、卒業生の登壇&卒業生代表スピーチです。

↑全員ではないものの埼玉県内の卒業生が登壇するとこんな感じになります。

ちなみに行田からは髙橋副理事長が参加してくれました。

 

はい、ポジショニングばっちりですね。

卒業生代表スピーチのとなりをガッチリキープ!
うむ。さすがですね。

 

さよならブロックという事業は、この1年、いろんな場所で活躍したメンバーがいたということを実感することができて、とても刺激になります。

 

私は卒業まで残り3年。卒業までやれることをやりつくしていきたいなと改めて思いました。

Total Page Visits: 592 - Today Page Visits: 1