古代蓮の里が見頃

埼玉県行田市小針の「古代蓮(はす)の里」で、行田蓮(古代蓮)の花蓮が見頃を迎え、ピンク色の大輪が訪れた人々を楽しませているようです。

今年は例年より一週間ほど早いそうです。

花弁は早朝からゆっくり咲き、昼にはつぼみに戻るため、鑑賞は午前7時から9時頃がおすすめです。

見頃は8月の上旬までの予定です。

 

行田の蓮の花は、新潟県の五泉市に3年前に寄贈されて、五泉市の東公園でも見ることができるそうです。こちらは7月末まで楽しめるようです。

機会がありましたら、是非見に行ってみてはどうでしょうか。

 

Total Page Visits: 744 - Today Page Visits: 1