JC交流特別会議

道のり
~信じた決断の継続が未来を創る~

JC交流特別会議
議長 三島 透

 新たな時代を迎えるとともに設立から57年という月日が流れました。これまで幾多の壁や困難に立ち向かい、高い志を持ち青年としてまちや地域の子ども達を想い明るい豊かな社会の実現に向け運動展開をしてきました。そして、いつの日も挑戦を繰り返し、伝統を紡ぎながらその時々の経験を自らの糧にし、時代の変化に柔軟に対応しながら歴史を築いてきました。それは簡単なことではなく周囲に目を配り、多くの機会を創出し支え合える仲間とともに切磋琢磨しながら歴史を築いてきたのです。それは個々の活動の過程において成長した姿を見せることで感謝を伝え、今後の活動をより良く、一歩を力強く踏み出さなければなりません。
 限られた期間を活動する我々は、近年在籍してからの活動時間が短いことが懸念されます。そのため行田青年会議所で活躍できる経験や積極的に活動する中で多くの学びや気づきを得る機会や、人脈を広げスケールメリットを体感することや、客観的に我々の活動を見る機会も必要だと考えます。また、行政や各種団体、まちの子ども達との交流を続けていくことは当たり前ではなくこれまで紡がれてきた行田青年会議所の歴史を幅広い年代の多くの先輩諸氏との交流の場で学ぶことが必要であると考えます。
 本年度、JC交流特別会議では子ども達の成長や、このまちの自然や歴史を次世代に継承し、地域を巻き込み更なる発展のために未来へ伝えていくことが必要であると考えます。そして、一人ひとりが視野を広げ、対外の事業へ参画し他の設えや行動を学び、その経験を自身に取り込み積極的に活動できるような機会を作ります。また、幅広い多くの先輩諸氏との交流を行い、これまで紡いでこられた歴史を学び、情熱を持ち各所で培ってきた経験や活動、節目を迎える心構えや地域との関りなど多くの意見を交わすことで気づきを得る事ができ、今後の活動にしっかりと活かし、未来へと受け継いでいくことができると考えます。その経験はこの先、時代の変化をしっかりと見極め歩んでいくこと、更にこのまちに必要とされる存在になるために日々を大切にし、今後を見据え未来ビジョンも共有していく事が必要だと考えます。
 我々は、歴史とともに日々の努力を続けることで、まちを美しく輝かせる事ができ、運動を起こすことができる組織なのです。創立から今まで絶やさぬ熱い想いを力に変え、多くの個性を集結させ、58年目も自分達の信じた道を選び、事業展開を行っていきます。そのため過去を学び未来を見据え、信念を持ち決断して進んでいくことで、一つの道となり力強く踏み出すことができるよう、1年間直向きに活動してまいります。

事業計画
1.2月第1例会(合同所信伝達式)
2.6月第1例会
3.9月第1例会
4.オープン委員会
5.その他