理事長所信

万里一空
~成長を生き甲斐にする事がみんなの幸せをつくる~

(公社)行田青年会議所
2020年度 理事長
小林 亘

【はじめに】
 世の中のすべての人々が、大きな理想を胸に抱き、その実現のために我武者羅に進み、なりたい自分になれる社会は、青年会議所が目指す明るい豊かな社会そのものであると考えます。なぜなら理想に向かって進む道のりで、選択と決断を繰り返し、人と出会い、気づきや学びを得る事は自己の成長となり、幸せな人生を送る事に繋がっているからです。険しい道をかき分けて突き進み、人生を自身で切り拓く為の力を養うには、自分と本気で向き合う事が欠かせないと考えます。それは恥をかく事や笑われる事を恐れずに行動に移すこと。不必要なプライドを捨て、周りからどう思われようとも信念を貫くこと。失敗を恐れずに挑戦心を抱くこと。すなわち、自分をさらけ出し、どんな困難な道のりでも己を奮い立たせ、諦めずに直向きに泥くさく生きていく事なのです。

【人が人を呼ぶまちづくり】
 行田のまちは豊かな水資源に恵まれており、市内を流れる大型河川の支流は、都心部への上水にもなっています。歴史を紐解いても分かるように豊かな水の存在は、その周辺での人々の交流を盛んにし、文化を発展させる確かな土壌をつくる事に成り得ます。
 物質的豊かさから心の豊かさへと生き方の価値観が遷移していく現代社会に於いて、自然との触れ合いの中で感じる事や、人との触れ合いの中で感じる温かみは、ものや情報が身近に溢れている今の時代に必要不可欠なものだと考えます。そしてそこから憶える充実感こそ、人が幸福を感じながら生きていくために大切なものであるのです。
 地域に住み暮らす一人ひとりが、未来を真剣に考え意見を交わし、互いに手を取り合いながら人との繋がりを強固にしていくまちは、青年会議所が目指す、まちの理想の形の一つです。その実現のために、地の利と人の和を活かしていく事が出来れば、人が人を呼ぶ活気のある豊かなまちになると確信します。

【自立できる子どもの育成】
 今も昔も私たち親世代は、子ども達に夢や目標を抱き、なりたい自分になって欲しいと考えております。それが子ども達の幸せでもあり、私たちの幸せでもあります。世の中のすべての事柄で多様化が進んでいる現在の環境は、勇気を持って一歩踏み出す事で、なりたい自分になれるチャンスが無限に広がっていると考えます。
 子ども達は仲間と共に様々な事に挑戦を繰り返す事で成長していきます。何事も途中で諦めずに、達成感や感動を得る体験を重ねる事は、自身の道を切り開きどのような困難にも挑戦できるチャレンジ精神を持った子ども達になるのです。
 私たち親世代は、子ども達の挑戦を暖かく見守り、背中を押してあげる事が大切なのです。その為には、子ども達がつまずいた時にすぐに手を差し伸べるのではなく、子ども達の成長の糧と捉える事が必要です。また、親が子に背中を見せる為にも、夢を抱き失敗や成功を繰り返し挑戦し続けていく姿勢を示し、子ども達と共に成長する事が必要です。親から子へとチャレンジ精神が引き継がれていく事は、どんな世の中でも生き抜いていく事ができる自立した子ども達の育成を続けていく事になるのです。

【未来のリーダー育成と本気の会員拡大】
 40歳までという限られた時間の中で、自ら率先して先頭に立って行動するというJAYCEEとしての姿勢を探求する事は、強い責任を持った背中を見せられるリーダーに成長する過程で欠かせない事だと考えます。
 近年会員が減少している中で、数年後の行田青年会議所を想像し、ともに未来を切り拓く仲間の拡大を考えていかなければなりません。そのためには、「奉仕」「修練」「友情」の信条のもと、青年会議所運動を通して得た仲間や、関わりを持った人達との間に信頼と絆を深め、自己研鑽を繰り返し、人に必要とされるリーダーになる自覚を持つ必要があります。それは泥くさく生き、自分をさらけ出し他者と本気で向き合う事の実践の他はありません。
 私たち青年会議所は、地域、仕事、家庭などの多様な場面で大事な役割を担っている人が多く存在する団体であるからこそ、一つ一つの言動に責任を持ち、目の前の事柄から逃げない気概が必要だと考えます。そこから新しく入会するメンバーにも想いが伝播し、リーダーとしての信念を持った人財が溢れる組織へと成長するのです。

【更なる成長を求めて】
 ある時、お腹を空かせた子どものために授乳する女性の姿を目にしました。それは我が子に対する当たり前の姿であるように感じますが、母親としての本能に従い、他人の目や場所を気にしない姿に強い感銘を受けました。親として子の成長を心から願っている想いがその姿には溢れていたのです。そのような誰かの成長を心から願っての直向きな行動は、泥臭く逞しく、とても美しいものです。
 未来を担う子どもたち、支えあう家族、同じ志を持った仲間、愛するまちのため行動する地域の方々、それぞれが互いの成長や幸せを願いあう事が当たり前となっているまちが、生き甲斐を感じる事が出来る「明るい豊かな社会」となると確信します。

このまちに住んで良かった
生まれてきて良かった あなたに会えて良かった

JCに入って良かった
挑戦して良かった 成長出来て良かった

そんな声が溢れるまちを
泥くさく創造していこう

すべては みんなの幸せのために