情報格差を感じたボランティア活動

こんばんわ、会員拡大委員会の木口です。

最近、コロナに関する補助等が国から色々でており、

市区町村でも様々な補助が増えております。

商店会などの付き合いで色々確認すると、

「インターネットを使用しないご高齢の方は申請が大変難しい」

「インターネットの通知で情報が入ってこないので

もらえるべき補助が得られない」というケースが増えていることがわかり、

現在時間があれば近所の個人商店等にコロナの関連情報を紙媒体で配布しております。

回覧板等で情報を通知しておりますが、気づかない方がかなり多いことが判明したました。

なので、紙媒体で直接配らないといけない、ということがわかり、

現在自分で色々な方に紙を配っております。

「簡単だから」という言葉がよくいわれますが、全員に対して簡単であるとは限らないので、

直接意見を聞くことがいかに大事か、ということと、アナログで訪問することがいかに大事か、

と感じました。