委員会活動報告

おはようございます。
本格的な梅雨の時期となりました。
じめじめと蒸し暑かったり、少し肌寒かったり、気温の変動が激しく、さらにコロナウイルス等にも気を遣いながらの生活に疲れがたまってしまっている方も多いかと思います。

本日は、5月末から毎週土曜日に行ってきた、微酸性次亜塩素酸水の無料配布の報告をさせていただきたいと思います。

行田市は5月末までの平日に、行田市持田にありますジャパンフード㈱様より提供されております消毒液「微酸性次亜塩素酸水」の無料配布をみらいと市内公民館数か所で行っておりました。
その中で、平日だともらいに行けないので土日にも配ってほしいとの声が多数寄せられており、行田青年会議所で何とか手伝ってもらえないかとご依頼を受け、5/30、6/6、6/13、6/20の土曜日に無料配布のお手伝いをさせていただきました。4回で約420名の方に無料配布ができ、コロナウイルスにより困っていることなど様々なお話を伺うことができました。

一番多かったのは、いつまで見えない敵と戦わなくてはならないのか、先が見えないので不安というご意見でした。
たしかにそうですよね。ずっと家から出ないわけにもいかないし、外に出て気をつけていても完全に防げるかどうかもわからない、かといってかかってしまうと必ず効くといわれている薬もないし、、、どうしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。
緊急事態宣言が出て、外出自粛等で感染者数は減ってきましたが、解除され、また少しずつ増えてきたいるような気もします。
「WITH コロナ」なんて言われていますが、手洗い、うがい、消毒等をこまめにして、気を遣いながらの生活はまだまだ続きそうですが、みんなでなんとか乗り切りましょう!

6/27(土)13:00~16:00にみらいにて微酸性次亜塩素酸水の無料配布を行います。おひとり様500mlとなっております。
3密避ける行動のご理解と容器持参のうえお越しください。

#まちづくり実践委員会#