コロナ終息の兆しが少し見えてきました!

こんばんは。小林です。
緊急事態宣言の解除を受けて今まで通りの生活に戻る兆しが見えてきたと感じております。

ですが、まだ第2波がくるかもしれないと言う不安からは逃れられないでいるのではないでしょうか?このコロナウィルス拡大は世界に不安と恐怖をもたらしましたが、同時に今までの当たり前な事や価値観に気づかされた思いもあります。この経験を踏まえて第2波がくる前に出来る事をやる準備をしなければこれから常時来るかもしれないコロナウィルスに耐えられないと感じます。

また、マスクに関しては普通に安価で買えるようになり一部の店舗では店頭に並ぶまで復活してきましたね。行田市では多くの衣料関係の業者が布マスクの生産を始めました。行田青年会議所関係者も数件います。エチケットマスクとして制作してますが、のちにファッションマスクとして流行ればいいなという声もあります。安価の使い捨てマスクを買うより洗って使える布マスクなどがあればマスク品薄に悩む事も減るのでは無いかと考えていました。

私もメンバーである仁平商店に持ち込みで手拭いを持っていきオリジナル布マスクを作っていただきました。

内側にはガーゼが当ててあり、紐は工夫してあり調整できる物になっております。マスクの需要が増えてきてますので皆様やメンバーのみんなも1枚どうですか?

来週には学校の再開が予定されてます。地域によっては分散登校や分散授業になると言われておりますが、まずは学校の再開を嬉しく思います。少しずつ復活している傾向にあるので行田青年会議所としても活動再開に向け試行錯誤して行きます。