総務・広報委員会

フルアクセル!
~機動力を持った発信と共有~

総務・広報委員会 委員長 田中佑紀

 組織にとって発信と共有は重要です。現在、青年会議所運動の認知度は、決して高いものではありません。どんなにまちのために奉仕をしようとも、どのような団体なのか、どのような活動・運動をしているのか、それを認知されずしては十分な結果は残せません。行田青年会議所は、長い歴史の中、今も変わらず英知と勇気と情熱を持った人材が切磋琢磨し合う魅力溢れる団体です。ホームページのコンテンツを充実させ、行田青年会議所の魅力を余りなく発信していくことで、まちの方々が行田青年会議所に興味を持ち、事業への参加や新しいメンバーの拡大のきっかけに繋げていきます。また、青年そのものが減少していく中で、行田青年会議所という組織の更なる成長のためには、会員拡大に力を入れることはもちろんのこと、メンバー個々の知識と意識の向上も重要となります。そのために情報の発信と共有は、組織内に行っていくことも大切です。
 本年度、総務・広報委員会は、機動力を持った発信と共有に力を入れていきます。そのために、各事業の準備段階から積極的に参加し、事業に至る過程や想い、多くの意見や情報の発信・共有を行っていきます。そこに至る過程と努力を各メンバーが共感を持って事業に参加することで、当事者意識が高まり、更なる自己成長になると考えます。当事者意識を高めていくことで、自己の修練とまちへの奉仕のために事業に参加するという自発的な意識を高めていきます。そして、個々の意識の向上は、それを自分だけにとどまらず周囲にも共有したいという意識に繋がり、組織全体の意識と参加率が向上していくと確信します。
 組織の情報を発信し共有していくためには、足で稼ぐ必要があり、人とのふれあいや語り合いを大切にし、全体を把握していくことが大切です。組織内をアクセル全開で疾走していき、他人のことも自分のことと考え、組織全体のために活動していきます。走り続ける中で、時に大きな壁や困難にぶつかることもあるでしょう。しかし、仲間と協力し合っていくことで、走り抜き乗り越えていくことが出来ます。そして、協力し合う中で生まれた感謝の想いを共有し合うことで、組織に強固な団結力を育むと確信します。

事業計画

  1. 1月定期総会
  2. 1月第1例会新年会
  3. 6月第1例会埼玉ブロック大会
  4. 8月臨時総会
  5. 12月臨時総会
  6. 12月第1例会卒業式
  7. オープン委員会
  8. ハンドブック作成
  9. ホームページの運営
  10. 新年新聞
  11. 会員拡大4名
  12. その他