まちづくり委員会

行田スタイルの追求
~まちに相互扶助の心を広めよう~

まちづくり委員会 委員長 小林 直人

 この行田のまちには、先人が築き上げた歴史的建造物、大切に守られてきた自然や文化、誇れる貴重な財産が多数存在しています。そして、まちを愛し、まちの発展のために活動をしている団体も多数あります。しかし、この行田のまちでも人口減少という問題に直面しており、これはまちの大きな課題です。この要因には、まちへの関心の希薄化が考えられます。まちの問題を人任せにして主体的に取り組む人が少ないからこそ、地域の人々と一緒に魅力や課題を理解できる機会をつくり、このまちを愛し離れることなく課題解決のために取り組むことの出来る人が必要だと考えます。
 そのためには、現代に残っている歴史や自然、文化は決して当たり前ではなく、先人たちの様々な知恵や経験と今この地に住む地域住民の想いや行動により、現代にも受け継がれているということを認識しなければなりません。そして、歴史や文化を肌で感じ想いを受け止め、行田を愛する人々が繁栄しより魅力のある行田へ変化をさせ、未来へ伝えていくことが今後このまちにとって必要です。
 そこで本年度まちづくり委員会では、行田スタイルの追求~まちに相互扶助の心を広めよう~をテーマに掲げ、次世代へつなげるまちづくりを実践します。行田スタイルの追及とは、これからの行田の未来について考え、今ある資源を活用し、より魅力あるまちへ変化をさせることができる人を増やし、活動を通じて相互扶助の心を養うことです。未来像を描くにあたり、一人の力では成しえないことを地域の人々や諸団体と協力することで、多様な立場から先を見据えることができ、諸団体や市民が抱えている問題点や課題・まちに対して求めることなどを共有することにより、助け合いや支え合いが生まれ相互扶助の心が養われます。そうすることで、地域の人々との信頼関係も高まり、まちづくりに協力・応援してくれる人が増えることで活気が生まれます。まちの内外からも評価され、まちの外からの声は自分に自信を持たせ、まちに誇りを持ち、郷土愛を育むことにもつながります。このように人から人、過去から未来へ想いをつなぎ行動を起こすことで自己成長できます。そして、同じ志を持った仲間と切磋琢磨し共創することで、尊敬や感謝の念が生まれ、未来がより魅力あるまちへ変化を遂げる為の活動を展開致します。
 こうしたまちづくりを通して、まちへの関心が深まり、人とのつながりが互いを成長させてくれることに有難みを感じ、出来ないことを諦めるのではなく、出来ないことを出来るようにすることで、無限に成長出来る可能性を証明することができます。そして、地域の一人ひとりが当事者意識をもち、人任せではなく実践して懸命に取り組み、最初は一人の力がだんだんと大きな力に変わり、こうした活動を次世代へ伝えていくことで、相互扶助の心を持つ人が溢れ郷土愛がより一層輝きを増す、賑わいのあるまちへつながると確信します。

事業計画

  1. 2月第1例会
  2. 5月第1例会
  3. 10月第1例会
  4. 会員拡大4名
  5. トライム
  6. その他