みんな集合だ!
~若者が戻ってきたくなるまち~

まちづくり実践委員長
仁平 悟史

 行田市の人口は年々減少しており、その原因は大きく分けて自然減・社会減の二つがあります。人口の社会減の要因の1つに、若い年齢層の人たちが進学・就職をきっかけに地元を離れ、そのまま他の土地に移住してしまうということがあります。このような人口の減少は地域の活力を失うことに直結します。
 それを解消するには、日々の生活の中で生きがいを感じることのできる場所があることや、温かいつながりを持つことができる環境が必要だと考えます。地域の活力は人が生きがいを感じ生活することで生まれます。生きがいを感じることとは自分自身の存在意義を感じることができること、すなわち自分にできることを活かして誰かに必要とされることです。
 そこで本年度まちづくり実践委員会は、「若者が戻ってきたくなるまち」をテーマに、生きがいを感じることのできる場所の創出と温かいつながりを広げていくことを実践していきます。まずは委員会メンバーが率先して行動し、子育て世代を中心に、行政・企業・団体を含む多くの地域住民を巻き込み、この課題を共有する場を作っていきます。そして様々な価値観が必要とされている現代で、自分の存在意義を感じることができる事業を展開します。その中で生まれる温かいつながりは愛に満ちた環境を創ると考えます。このような取り組みを発信していくことで、地域住民の当事者意識も高まり、温かいつながりがますます増えていきます。それが若者たちの帰ってこられる居心地のいい環境となり、地域の活力が溢れていきます。
 「誇りある歴史や文化のある行田で活き活き暮らせる人が増えていく」そんなまちづくりの実践が当委員会の存在意義です。まずは自分たちから生きがいを感じ、温かいつながりを地域に広げていこう。「若者が戻ってきたくなるまち」にするために。

地域に暮らす老若男女
すべての人が生きがいを持って暮らせる
そんな行田に私はしたい