愛の連鎖
~想いが溢れるまちの為に~

総務・広報委員長
長島 寛

 一人ひとりの力には限界があります。しかし、その力を繋ぎ合わせ同じ目標に向かうことでその力は無限の可能性を持ちます。メンバー同士が協力し合い、知恵を絞り、時には競い合うことでその力はより強固なものとなり、このまちの原動力になると考えます。その為には、行田青年会議所を一つにまとめると共にメンバーが活躍する舞台を整える必要があります。
 本年度総務・広報委員会では、メンバーが活動しやすい環境整備を行います。まず青年会議所の根幹となる総会や理事会の円滑な運営を行い、議事録を速やかに作成し理事会の内容を全メンバーが知る機会を整えます。そして、各委員会活動に積極的に参加しメンバー同士の連携をとり、今どのような動きをしているかを伝え、同じ意識を持って事業に臨むことで連帯感を生み、メンバーの事業への参加率の向上を目指します。また、出向者支援として情報提供を確実にすると共に、ブロック事業等が開催される際には動員を掛け積極的な参加を促します。そして、出向先で知り得た知識・経験などをLOMメンバーに伝えてもらうことで組織全体の意識と知識の向上を図ります。対外に向けた広報活動として、行田市民に対して、ホームページやSNSを活用するだけでなく、直接顔を合わせて青年会議所の存在意義や理念を誇りと自信を持って相手にわかり易い言葉で伝え、また例会等の事業の情報を発信します。各諸団体や行政機関に対しても、積極的に足を運び、お互いの想いや考えを伝え合い、その情報を青年会議所全体で共有します。
 情報化社会の現在においてどんな組織でも情報交換は重要な要素です。情報技術が目覚しく発達した現在でSNSやホームページの活用は当然ですが、もう一度直接コミュニケーションをとることの意義を再認識し、組織内の情報交換や対外に向けた広報活動をしていきます。委員会活動を通して1つの同じ目標に向かう中、協力し切磋琢磨し互いに成長することで愛を与える人になることができます。愛を受けた人が更に愛を与える「愛の連鎖」をメンバー間で起こし、その輪の中に行田市民を巻き込んだ運動を展開することで、このまち行田を想いの溢れる魅力あるまち誰もが住みたいと思うまちになると確信します。