4月21日 土曜日 行田忍・行田公民館にて2018年度 公益社団法人行田青年会議所 4月第1例会が行われました。

この日の天気は、まさに晴天。市内では、足袋蔵スタンプラリーが行われていて、レトロバスが走っていました。隣の水城公園も親子で遊ぶ楽しそうな声が響いていました。

親野智可等(おやのちから)先生を講師にお招きしました。「子どもに対して共感する」と聞くと、「甘やかすこと」と考えがちですが、そうではないことを講演の中でおっしゃっておりましたことが印象的でした。例えば、小さな子どもが遊んではいけない遊具があって、駄々をこねても「そうだね。遊びたいね。でもダメなんだ。」と言って共感はするけど決して遊ばせない。ここのメリハリが子どもにとって重要なことだと感じました。その他にもたくさん勉強になるお話を聞くことができました。親野智可等先生ありがとうございました。