WATER WARS ウォーター ウォーズ

2018年度公益社団法人行田青年会議所 青少年育成委員会では、将来、相手の立場に立ち考え行動できる思いやりを持った子どもの育成を目的に活動をしています。その中で、思いやりのある人になるためには相手の立場で考えるこころを育てることが必要であると考えます。今回は、子ども達が、大人の優しさを知り他者のために思いやりを持って行動できることを目指し、また、大人たちは子どもに共感し子どもの見本となるべく行動できることができるような親子参加型の体験事業を行います。

ウォーター・ウォーズ ~愛する子ども達を守り抜け!~

2018年9月22日(土) 受付9:30 開始10:00~12:40

行田市バスターミナル多目的広場 埼玉県行田市本丸3

ウォーターウォーズ_チラシ←ここをクリックすると拡大します

9月15日荒天により22日に順延になった為、参加できない方がいらっしゃいます。

若干定員に空きが出ましたので再度募集します。

 

 

【選手人数】
・1チームは子どもがアタッカー(攻撃)8名、大人がガード(防御)6名、サポーター(補給)2名の合計16名で構成されます。チーム毎に違う色のハチマキを着用します。                                                             【勝敗】
・相手アタッカー全員に水風船を当てられたらその時点で勝ち。
・時間切れ(7分終了)の場合は終了時に残っているアタッカーが多いほうが勝ち。
【選手の役割】
≪アタッカー(子ども)≫
・アタッカーだけが水風船を投げることができます。
・4-6年生のアタッカーは水風船を下から投げなければなりません。(アンダースロー)
・水風船を一度に最大二個もつことができます。
・ゲーム開始時にはアタッカーは水風船を全員二つ持ちます。
・アタッカー同士で水風船を分け合うことができます。
・補給場所から直接水風船をとってきてはいけません。
・他者から水風船をもらったら「ありがとう」といわなければなりません。

≪ガード(大人)≫
・身を挺してアタッカーを水風船から守ります。
・水風船を持つこと、投げることはできません。
・水風船を当てられてもアウトになりません。

≪サポーター(大人)≫
・サポーターはタスキを着用します。
・補給場所から水風船を補給しアタッカーに渡すことができます。
・水風船を投げることはできません。
・水風船を当てられてもアウトになりません。
・ガードのようにアタッカーを水風船から庇うことはできません。                                       【試合時間】
試合時間は、1セット7分になります。

ウォーターウォーズのルール←詳しい内容を知りたい方 ここをクリック

ルール説明(大人・共感について)←大人の方 ここをクリック

足袋リンピックIN行田

2018年9月16日(日) さきたま古墳公園

ニューギョウダコレクションと同時開催の足袋リンピックに行ってきました。

親子で3つの足袋を使った競技をゆるーく競い合います。〈素早くコハゼを止めよう!〉こはぜdeドン!

〈遠くまでとばそう!〉足袋飛ばし 〈ペアの足袋を見つけよう!〉足袋合わせ

親子が楽しそうに競技をしているなかに、なんと我ら行田青年会議所のメンバーもスタッフとして活躍していました。

その他会場内では、水鉄砲を使って相手のヘルメットに付いた的を水で破る「水攻め祭」など様々な催しが行われていました。

行田ぶらぶらブランディング!~若者が集う仕立屋のまちに~

「みんな集合だ!~若者が帰ってきたくなるまち~」をテーマとしており、年々減少する行田の人口を食い止めるべく、我々を含む地域の子育て世代が中心になり、愛溢れるまちを創造していくことを目的に運動を広げています。
そこで、この度「行田ぶらぶらブランディング!~若者が集う仕立屋のまちに~」をテーマに10月第1例会を開催させていたく運びとなりました。
本事業は行田特有の文化を「行田ブランド」に昇華させることで「若者が戻ってきたくなるまち」にしていくことを目的としております。

日程 10月27日(土)午前10時00分~15時00分
(フリーマーケット出店者受付:午前9時00分~)
場所 蓮華寺通り~北谷通り(石畳みの通り)※一部通行止めにします。
内容 ・女性限定フリーマーケット・スタンプラリー・ミシンで小物作り体験
・学生足袋屋さん(足袋の販売)・ハロウィンイベントの同時開催 等

チラシ←拡大はここをクリック

フリーマーケット参加要項

フリーマーケット申込書兼同意書