はじめに

気焔万丈とは・・・意気込みが他を圧倒するほど盛んであること。通常使われる「炎」を「焔」としたのは、炎より熱い焔となった行田青年会議所メンバーが一丸となって活動していくこと。
夢のちからとは・・・まちの為、自分の為に目標を掲げられる「真の夢を描くちから」を養い、そして困難であっても自己の使命と責任を自覚することを抱ける「信念に基づいた行動するちから」を醸成すること。
2017年度(公社)行田青年会議所ホームページでは。この方針をもとに、夢を描くために必要な、自分のまちのことを考え、まちの声を聞き、そしてまちに溢れる夢を集めて掲載して参ります。是非、皆様の様々な声をお問い合わせフォームからお聞かせ下さい。

ラップを使おう!~身近なもので出来る防災グッズ~

以前、ラップで体の防寒対策などをご紹介いたしました。 まだまだラップはこんなものじゃありません。 水に余裕があって、お皿を洗える。でもきれいなスポンジが無い。そんな時に、活用できます。もちろんこれで体を洗うことも可能です…

テープで守ろう!~身近なもので出来る防災グッズ~

今日は風が強かったと思います。 調べてみると18時30分現在で、風速5.4m/sでした。埼玉県下では、所沢と並んで、一番強く風が吹いていました。正直「これで風速5m/s」と感じました。 一般的に風速5m/sは自転車を漕い…

新聞紙で作ろう!②~身近なもので出来る防災グッズ~

新聞紙で作る第2弾は紙皿です。 もし被災したら・・・。 被災地でも問題になるのが水不足です。水は様々なところで必要となってきます。食事を作る際にも、そして食事が終わった後の、食器を洗う際にも水は不可欠です。 そんな時、水…

行田市社会福祉協議会と災害時における協力に関する協定を締結

12月15日、公益社団法人行田青年会議所は社会福祉法人行田市社会福祉協議会と「災害時における協力に関する協定」の締結式を執り行いました。 有事の際に、災害ボランティアセンターが設置されたときの協力や、被災地における情報共…