「行田のまちをゴシゴシ、みんなでクリーンなまちづくり」を合言葉に行われている、市内一斉清掃。毎回、多くの人数が参加し、まちのごみを拾います。

回を重ねるごとに、拾うごみは減っている気はしますが、中々「0」にはなりません。

でも、こういった活動の繰り返しと広めていくことが、ごみの減少につながると思います。

どういった活動も、繰り返し行うことが、目指すものや「夢」につながるのだと感じました。